用途地域とは?

地域の住環境を整えるための仕組み

用途地域というのは、市街地を計画的に形成するために、用途別に13種類の地域に分けられたエリアのことをいいます。用途地域ごとに建築可能な建物などの種類や大きさが制限されているため、それぞれに住み心地や暮らしが異なるという点に注意しなければなりません。同じエリアに大規模な商業施設や工場、公園、学校などが複雑に入り組んで建てられてしまうと、日照不足に陥る家屋が出てきたり、騒音や公害などで落ち着いて住めなくなったりしてしまう恐れがあるため、地域の住環境を保つために、この用途地域という仕組みが設けられるようになったというわけです。 なお、厳密に言うと、用途地域は、都市計画法に基づいて都道府県知事が立てる都市計画において都市計画区域として定められているエリアの中の、市街化区域内に設けられることになっています。

13種類の用途地域とは?

実は用途地域は1種類だけではなく、細かく見ていくと13種類に分類することが可能です。この13種類は大きく分けると、住居系、商業系、工業系の3つに分類することができ、そのうち住居系には、第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域といった戸建てやマンションなどの居住用の建物を建てるのに適した地域が含まれます。もし住環境の良いエリアに戸建て住宅を建てたいと考えているのであれば、第一種や第二種の低層住居専用地域を中心に土地探しをすると良いでしょう。一方、最寄り駅へのアクセスが良いマンションを探す場合は、第一種や第二種の中高層住居専用地域に建てられている物件をチェックしてみるのが良いかもしれません。