契約において仲介会社に事前に確認しておくべき事とは?

購入する土地の面積や形状の確認は不可欠

土地を購入する際に仲介会社を利用するケースは少なくありませんが、契約時に注意する点として土地の状態が挙げられます。近年ではネットの普及により土地探しが容易になりましたが、画像などのデータを見るだけで現地を確認しないのは良くありません。購入契約を結んだ後に初めて物件を訪れ、広さや形状がイメージと異なっていたというトラブルに見舞われる可能性があります。特に形状については凹凸や砂利などの異物のような、ひと目では分かりにくいトラブルが少なくありません。自分の目で確認せずに契約すると後になって大きなトラブルに見舞われることから、手間がかかっても必ず物件を確認するように心がけます。遠方にある物件を購入する際は特に注意しなければいけません。

引き渡し期間や各種支払いの期日も要確認

土地の購入はやり取りするお金が高額になる他、土地の所有権が移動することもあって法律に基づいた手続きが必要になります。法律の知識が乏しいとスムーズに進めることは難しいので仲介会社を利用することになりますが、その際は土地の引き渡し期間や各種支払いの期日を確認しなければいけません。全額を一括で支払い、その場ですぐに所有権を移すことはほとんどありません。大抵、土地の販売価格や手付金、仲介手数料などを数回に分けて支払うことになります。所有権を移す手続きも日数を要することから、引き渡し期間の日数を正確に算出できる業者を選ぶのが取り引きをスムーズに進める条件と言えるでしょう。実績が豊富で評判が良い業者を選ぶことを心がけます。